動物図鑑・ホオジロテナガザル

ホオジロテナガザル さんのプロフィール



動物図鑑・ホオジロテナガザル

ホオジロテナガザル

霊長目 テナガザル科
学 名 Nomascus leucogenys
英 名 White-cheeked gibbon
分布域 ラオスやベトナム北部、中国南西部など
生息環境 森林地帯
体 長 45~63cm 程度
尾 長 尾はなく、痕跡程度
体 重 平均 5.7kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (CR)

ホオジロテナガザルはラオス北西部、ベトナム北部、中国南西部などに分布していているテナガザルの仲間で、それぞれの国境が接する丘陵地帯や山地などに生息している。

他のテナガザルのように腕は長く、尾は痕跡程度しかない。
雄は全身が黒色で、頬には白い房毛がある。
これに対して、雌は全身が淡い黄褐色のような色合いで、頭頂には帽子を被ったように黒い毛の部分が見られ、雌雄を比べると別種のようにも見える。

また、いずれの外見もコンカラーテナガザル(クロテナガザル/Nomascus concolor)に大変よく似ていて、以前はコンカラーテナガザルの亜種として扱われていた。
両種の外見上の違いは、ホオジロテナガザルは頭頂部の毛がモヒカンのように立っていることが挙げられるが、コンカラーテナガザルの雄の中でも頬が白いものが見られ、雌ではほとんど見分けるのが難しい。

習性や食性などは他のテナガザルによく似ていて、昼間に活動し、小さな家族単位で生活している。
ほとんどの時間を樹上で過ごし、主に果実や木の葉、木の芽などのほか、昆虫や小鳥の卵、カエルやカタツムリなども食べる。

常緑や落葉林などで生活していて、標高300~600mほどのところに多く見られるが、標高1600m程のところにも生息している。
行動範囲は0.3~0.4k㎡程度と言われているが、食糧事情などによって変化する。

一夫一婦で、妊娠期間7ヵ月程の後、ふつうは1産1子を出産する。
生まれたばかりの子どもの体重は450~500g程で、コンカラーテナガザルの子どものように、雌雄共にベージュ色をしている。

子どもは半年ほどで全身が黒っぽくなっていき、雄は成長しても黒いままだが、雌は成熟する前には再びベージュ色に変わっていく。
雌雄共に6~7年程で性成熟し、野生での寿命は28年のものが知られているが、他のテナガザルなどと同様、飼育下での寿命も25~30年程度と考えられている。

外敵はヒョウワシなどの猛禽類、アミメニシキヘビなどの大型のヘビなどが考えられるが、近年は森林の伐採や開発などで、生息地が失われたり分断されたりしていて、ホオジロテナガザルの生息数は激減している。

現在は国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、絶滅危惧種(CR)としてレッドリストに指定され保護されているが、更なる保護も求められている。

また、コンカラーテナガザルも生息数が減少していて、IUCNのレッドリストに絶滅危惧種(CR)として指定されている。




Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ホオジロテナガザル 1動物図鑑、ホオジロテナガザル 2動物図鑑、ホオジロテナガザル 3動物図鑑、ホオジロテナガザル 4動物図鑑、ホオジロテナガザル 5動物図鑑、ホオジロテナガザル 4