動物図鑑・ヤブイヌ

ヤブイヌ さんのプロフィール



動物図鑑・ヤブイヌ

ヤブイヌ

食肉目 イヌ科
学 名 Speothos venaticus
英 名 Bush Dog
分布域 パナマから南アメリカ中部以北
生息環境 森林とサバンナが混じる地域
体 長 58~75cm 程度
尾 長 11~15cm 程度
体 重 5~7kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 準絶滅危惧種 (NT)

ヤブイヌはパナマ東部からブラジル、コロンビア、ベネズエラ、ペルー東部、ボリビア東部、パラグアイ、アルゼンチン北東部など、南アメリカ北部の森林や草原などに広く分布し、別名ブッシュドッグとも呼ばれている。

全身はがっしりとしていて重たい感じで、毛は短くて粗い。
毛色は前身が黄褐色や暗褐色、灰褐色などで、後身や下腹部、四肢、尾などはそれよりも黒っぽい。

ヤブイヌはイヌ科の動物だが、その中で最も原始的な種とされ、多くのイヌの仲間よりも上下の大臼歯が1対少なく、指の間には水掻き状の皮膚が発達している。
また、胴が長く、四肢も短いので、一見した感じイタチ科アナグマに似た感じがする。

低地の森林や草原、開けた牧草地や湿気のあるサバンナなどの生息しているが、標高2000m近くにも姿を見せる。
昼間も行動するが基本的に夜行性で、10~12頭ほどの群れで生活し、アグーチアルマジロ、パカなどの小動物やヘビ、カエル、鳥などを捕らえるほか、時には果実なども食べる。
また、ヤブイヌは気が荒く、カピバラペッカリーバクなどの大きな獲物も狙ったりする。

ヤブイヌのずんぐりとした感じの体つきは藪の中を駆けるのに適しているが、ヤブイヌは水辺や湿地帯を好み、泳ぎや潜水もうまい。
この為、大きな獲物を捕えるときは川の中に追い込み、水に逃げ込んだところを捕らえたりするほか、魚なども捕らえたりする。
また、アルマジロを捕まえる時などは、1頭が巣穴に入り、他のものは違う出入り口の所で待ち伏せたりもする。

行動範囲は4~10k㎡程と言われているが、仲間同士の連絡をとる為によく鳴き声をあげるほか、縄張りを示すため尿によるマーキングをする習性がある。
この時、雄が片足をあげるのに対して、雌は逆立ちをしてマーキングする。

巣穴は自分で掘ったりするほか、樹洞や岩の割れ目などを利用するが、アルマジロの掘った穴なども利用することがある。

ヤブイヌは群れで生活しているが、繁殖は一夫一婦で、群れの中で一番優位な雌雄が繁殖を行うと言われている。
繁殖期は10~3月頃で、雌はこの期間に周期的に発情を繰り返すが、これは他のイヌ科では見られない特徴で、飼育下では年間を通して出産例が報告されている。

妊娠期間65~70日前後で、1産1~6子、ふつうは3~4子を出産すると言われている。
生まれたばかりの子どもの体重は120~190g、平均160g程で、目は閉じている。
2週間を過ぎる頃には目は開き、早ければ2ヶ月、長ければ6ヶ月ほどは授乳期間がある。

また、育児は雌雄のほか群れのものも協力し、1年から1年半ほどで性成熟する。
野生での行動は詳しく知られていないが、寿命は10年程度と考えられている。

外敵はピューマジャガーなどが考えられるが、近年では生息地の破壊などによってヤブイヌの生息数は減少していて、ブラジルやペルーでは保護動物とされている。

尚、ヤブイヌには次の3亜種が確認されている。
   ・Speothos venaticus venaticus
     コロンビア南部やベネズエラ、ガイアナやブラジル 、エクアドル東部やペルー、
     ボリビア、パラグアイ北部など
   ・Speothos venaticus panamensis
     パナマやコロンビア北部、ベネズエラ、エクアドル西部など
   ・Speothos venaticus wingei
     ブラジル南部やパラグアイ、アルゼンチン北東の一部

また、現在は国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価にも準絶滅危惧種(NT)としてレッドリストに指定されているが、更なる生息数の減少が懸念されている。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑、ヤブイヌ 1動物図鑑、ヤブイヌ 2動物図鑑、ヤブイヌ 3動物図鑑、ヤブイヌ 4動物図鑑、ヤブイヌ 5動物図鑑、ヤブイヌ 6動物図鑑、ヤブイヌ 7